読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「場」における審美眼・伝達力をもっと鍛えること

f:id:daisuke12108891:20170220115508j:plain

先日、「第1回 本との土曜日」に出店して感じたこと綴る。

以下、感じたこと。

・東京の「鎌倉感」を感じながら、適切なフィードバックがもらえたこと。

・協業の重要性。個人で出店したのに、HOUSE YUIGAHANAというコンテンツを含め宣伝できる強み。

・普段はいただけない声をいただけたこと。←これは新しい出逢いがたくさんありました。

・空間における完成形よりも、そこを介在する人がおもしろい空間を構成していること。

・与えられた空間のデザインの再調整。

 

僕は空間に行くと思うことは多い。仕事や遊びで様々な場所に行くたびに、感覚的に鍛えられたのだろう。

ただ、まだまだうまく伝えられないと思っている。

 

どこか感覚的な表現は距離を生む。

伝えたいことを、2割くらいしか伝えれてないかもしれない。

これをしばらく注意するだけでも、だいぶ変わる、変わる。

「目の前で起こる、気持ちよく通過して連続」を、しっかり伝えよう。

つまり、「場」における審美眼・伝達力をもっと鍛えることだなと。

勉強になりました。

 

以下、今回のイベントの情報が掲載されています。

「第1回 本との土曜日」

https://www.facebook.com/hontonodoyobi/

 

第2回 本との土曜日は3月18日(土)に開催されます。

お近くの方は是非、足をお運びください。