読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れ家的なお店で何度でも通いたくなる美味しいイタリアン「ロアジ」

f:id:daisuke12108891:20170308125216j:plain

神奈川県藤沢市江ノ島電鉄線江ノ島駅 にあるカジュアルイタリアンのお店「ロアジ」。
小さい店舗ながら、内装から手作りの優しい雰囲気が魅力です。
店内はコバルトブルーと白で統一されていて湘南の海と空と雲をイメージしています。
普段は常連客で埋まる店内も、週末には県外からの客や観光客で賑わう人気店です。
シェフ自身が市場に足を運び、野菜は鎌倉や湘南の地のものにこだわり、手に取ってしっかりと吟味しています。
魚はその日に獲れた新鮮なものを使用しています。
旬の和の素材をたっぷり使った、極上のイタリアンが食べられるお店です。
特にパスタが充実していて、それぞれのパスタの個性を引き立てるベストマッチなソースと旬の素材をあわせています。
「Loasi」では、来店客ができるだけリラックスして過ごせるよう気を配ります。
それはシェフ自身が、“提供する人の人柄や考え方を思い浮かべながら料理を味わうのが好き”、という思いがあるからこそです。
気さくでサービス精神旺盛なシェフのファンも多いようです。
是非、一度ご賞味ください。

 

■Loasi(ロアジ)
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-9-6
アクセス:江ノ電 江ノ島駅から徒歩1分
営業時間:12:00~14:00 18:00~21:00 ランチ営業、日曜営業
定休日:火曜日(不定休あり)
電話番号:0466-90-3200

両足も遜色無く使いこなす、現代的なアタッカー「ヤニック・フェレイラ・カラスコ」

f:id:daisuke12108891:20170307121756j:plain

 

ヤニック・フェレイラ・カラスコは、ベルギー出身のサッカー選手。

アトレティコ・マドリード所属。ポジションは主にサイドアタッカーで、状況に応じてセカンドトップもこなす。スペインとポルトガルにルーツを持つ。

 

ベルギーのヘンクの下部組織に入団し、2010年にモナコのユースへ移籍。
そこからモナコでトップチームへ昇格しプロデビュー。

モナコチャンピオンズリーグベスト8へ進んだ2014-15シーズンの活躍で注目を浴び、2015年シーズンからアトレチコマドリードでプレーすることになりました。

アトレチコでは当初はあまり出場機会を得られていなかったものの、昨シーズン途中あたりからはスタメンに定着。
いまや世界でもトップクラスの力を持つようになったアトレチコの主力として活躍しています。

代表では、ベルギー代表としてユース世代から活躍し、2015年からはA代表にも選ばれています。

 

プレースタイルは?

主にサイドアタッカーもしくはセカンドトップとして起用されることが多いカラスコ
一番の特徴は、スピードに乗ってどんどん突っかけていくドリブル。カウンターアタックでの効果的なドリブルに好感が持てる選手です。

背筋が伸びた姿勢でシザースも多く使うところは、若い頃のクリスティアーノロナウドのドリブルにちょっと似ているように思うときもあります。

スピードもかなり速いし、トリッキーなフェイントも多く足元のテクニックもかなりのものだと思います。

 また、アトレチコで起用され続けている理由に、ハードワークができる・しっかり守備もできる選手としてシメオネからも重宝させています。とにかくチェイシングが早い。

 

まだ若い選手だけに、スピードやドリブルはバルセロナを相手にしても通用していた点を考えると、今後かなりの選手になっていくんじゃないかと思います。

 

 

両足も遜色無く使いこなす、現代的なアタッカー「ヤニック・フェレイラ・カラスコ」

f:id:daisuke12108891:20170307121756j:plain

 

ヤニック・フェレイラ・カラスコは、ベルギー出身のサッカー選手。

アトレティコ・マドリード所属。ポジションは主にサイドアタッカーで、状況に応じてセカンドトップもこなす。スペインとポルトガルにルーツを持つ。

 

ベルギーのヘンクの下部組織に入団し、2010年にモナコのユースへ移籍。
そこからモナコでトップチームへ昇格しプロデビュー。

モナコチャンピオンズリーグベスト8へ進んだ2014-15シーズンの活躍で注目を浴び、2015年シーズンからアトレチコマドリードでプレーすることになりました。

アトレチコでは当初はあまり出場機会を得られていなかったものの、昨シーズン途中あたりからはスタメンに定着。
いまや世界でもトップクラスの力を持つようになったアトレチコの主力として活躍しています。

代表では、ベルギー代表としてユース世代から活躍し、2015年からはA代表にも選ばれています。

 

プレースタイルは?

主にサイドアタッカーもしくはセカンドトップとして起用されることが多いカラスコ
一番の特徴は、スピードに乗ってどんどん突っかけていくドリブル。カウンターアタックでの効果的なドリブルに好感が持てる選手です。

背筋が伸びた姿勢でシザースも多く使うところは、若い頃のクリスティアーノロナウドのドリブルにちょっと似ているように思うときもあります。

スピードもかなり速いし、トリッキーなフェイントも多く足元のテクニックもかなりのものだと思います。

 また、アトレチコで起用され続けている理由に、ハードワークができる・しっかり守備もできる選手としてシメオネからも重宝させています。とにかくチェイシングが早い。

 

まだ若い選手だけに、スピードやドリブルはバルセロナを相手にしても通用していた点を考えると、今後かなりの選手になっていくんじゃないかと思います。

 

 

御成通り誕生した、アンティーク雑貨屋「HMT」

f:id:daisuke12108891:20170306173318j:plain

 

鎌倉駅の西口から、徒歩5分ほど。
鶴岡八幡宮小町通りは、観光客でにぎわっていますが、そんな喧噪とは少し離れた、御成通りを南に徒歩5分ほど進んだところに位置するショップです。
コンセプトは「大人の生活雑貨」。
お店の名前は「MHT」。ハッピー(H)・マテリアル(M)・ツールズ(T)の頭文字から。ここにある商品で日々の暮らしが、ほんの少しでもハッピーになってほしいという願いが込められています。

店内にはアンティーク調の食器や照明、インテリアパーツ、さらにはガーデニング用品やグリーンなどが所狭しと並んでいます。
どれを見ても、欲しくなる商品ばかり。
さまざまなアイテムをセレクトし、都内よりもリーズナブルな価格で提供しているのもうれしいポイントでもあります。

置いてあるセンスのいいアイテムを求めて、遠くからでも足を運ぶ価値は大いにありますよ。
是非、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか??

 

 

■HMT
住所:神奈川県鎌倉市御成町5-35-104
電話番号:0467-39-6658
営業時間:11:00〜18:00
定休日:無休

癒しのコーヒーとあたたかな空間をお届け。「ヒマダコーヒー」

f:id:daisuke12108891:20170304143539j:plain

 

徐々に春の足音は聞こえてきましたね。
昨年の9月に葉山・森戸海岸近くにコーヒーショップ「ヒマダコーヒー」がオープンしました。

ヒマダコーヒーは、なんとも言えない雰囲気を映し出したかのような、心地よいサイズ感のコーヒーショップです。
シンプルながらどこか温かみのある空間には、店主が一人でまかなう、ゆったりとした時間が流れています。
いわゆるカフェスタンドのような大きな音の機械音は聞こえません。
シンプルな道具で、自分だけの感覚を知る人だけが聞こえるコーヒーの音かもしれません。

ドリップコーヒーは香りを楽しんでいただけるよう、少しぬるめで出しているそう。
その味は、一部の人々の間では究極の抽出法と呼ばれるネルドリップならではの、口当たりの滑らかさとふくよかな香りに気持ちがほどけていく。丁寧に出汁をとられた上質なスープのような、丸みのあるとろりとした味わいです。
いわゆるチェーン店で素早く淹れられたそれと違い、まるで自分のためだけに、個人的に淹れてくれたかと思ってしまうほど、優しい心持ちにさせてくれる、「癒しのコーヒー」が飲める素敵な場所です。


■ヒマダコーヒー
住所:三浦郡葉山町堀内975
TEL:046-874-7211
営業時間:10時〜18時(冬季のみ11時OPEN)
定休日:水曜日・木曜日

「Goodman Coffee」で美味しい一杯はいかが??

f:id:daisuke12108891:20170303175111j:plain

 

江ノ島駅のちょうどお隣の湘南海岸公園のすぐ近くに、美味しいコーヒー屋さんがあります。
江ノ電湘南海岸公園駅から海へと向かう道の途中、こぢんまりとしたコーヒースタンド「Goodman Coffee」があります。
湘南の香りがする片瀬の街の一角で、こだわり抜いた1杯を提供するのは店主の三塚さん。コーヒー豆の種類に詳しくなくても、あるいは自分の気分に合いそうなメニューがわからなくても大丈夫。豊富な知識と経験で、やさしく、丁寧に対応してくださるので、フィーリングを言葉にしてみましょう。
より良いコーヒーを追い求め、日々の研究と試行錯誤に余念がないバリスタが立つ片瀬のコーヒースタンド。日進月歩の想いを胸に、薫り立つコーヒーを今日も淹れています。
「この辺りはカフェこそいくつかありますけど、“コーヒー・トゥー・ゴー”(持ち帰りスタイル)で気軽にコーヒーを楽しめるお店がなかったんです。それに、風通りや北向きの立地など良い条件が揃っていたので、ここで始めようと思いました」と、三塚さんは語っています。
Goodman Coffeeオリジナルの「Goodman Blend」は、東京・浅草にあるコーヒー豆専門店「ユニオン」の焙煎師と共同で研究開発したもの。“毎日飲んでも飽きのこない味”がテーマのブレンドは、スッキリとした後味が好評です(※提供はホットのみ)。また、Goodman Coffeeでラインナップされている数々のスペシャルティコーヒーも「ユニオン」から仕入れています。
豆のポテンシャルを最大限に引き出すため、三塚さんがこだわりをもって導入したのが、コーヒーの本場・イタリアのエスプレッソマシン「LA MARZOCCO(ラ・マルゾッコ)」。
豆の旨み、薫りをギュッと凝縮して淹れる1杯を、ぜひご堪能ください。

 

■Goodman Coffee
住所:神奈川県藤沢市藤沢市片瀬4-10-20
アクセス:江ノ電 湘南海岸公園駅より徒歩1分
営業時間:09:00〜19:00
定休日:不定休
電話番号:0466-53-9343

お寺、海、美味しいご飯。鎌倉の日常こそが旅人の「非日常」。

f:id:daisuke12108891:20170302170358j:plain

 

江ノ電稲村ガ崎駅の近くに素敵なご飯屋さんがあります。
その名は「ヨリドコロ」。
ヨリドコロを作った恵さんが言います。
これは「ヨリドコロ」を創るとき、訪れた人たちに体験してほしいと思ったことです。 「非日常」を求めて旅をしにやってきたその場所は、当たり前の「日常」を送る生活の舞台でもあるのです。 そんな「当たり前」を感じてもらうことが、私たちの提案する「非日常」だと思っています。 私たちの住むこの街の日常が、あなたにとって忘れられない「旅」の1ページになりますように。
江ノ電が走り、お寺が点在し、目の前には海が広がる…。そんな地元の人たちにとっては当たり前の雰囲気を、ここを訪れた人々、旅する人たちに「非日常」として感じてほしい、それが旅の本質ではないかと考えたからです。
ちなみに、ここで提供される干物は恵さんのご実家の干物専門店「丸恵」から取り寄せた上質なものばかりで、味は抜群です!!
是非、一度ご賞味ください〜!!

 

 

■ヨリドコロ
住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-12-16
アクセス:江ノ電稲村ヶ崎駅より徒歩3分
営業時間:7:00~9:00 11:00~18:00 朝食営業、ランチ営業、日曜営業
定休日:不定休
電話番号:0467-40-5737